<< ハーメルンのバイオリン弾き シェルクンチク 8巻。 | main | お姉チャンバラZ 〜カグラ〜。 >>

スポンサーサイト

  • 2012.03.16 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アーマード・コアV。

見逃しって怖いよね。零です。
つい。ふっと。
何故なのか自分でもわからないけど、たまーにある見逃し。
それが重大なものだったりすると、一気に血の気が引きます。
最近だと、内定書授与式の開始時間を勘違いしていたときなんて、大げさじゃなく「あ、人生詰んだ」と思いましたね。
これを避けるためには注意深くなるしかないんですが、人間どうしても見逃しってのは避けられないわけで。
案外リカバリーの方法を学ぶことが重要なのかもしれません。


さて、今日はこちら。



アーマード・コアVです。
ストーリーは相変わらず全くやってないんですが、オーダーミッションはコンプしたので。
以下は項目ごとの感想。

・ストーリー。
知りません(キリッ
じゃなくて。
まあ多分いつもの説明不足でしょう。
オーダーミッションに関しては全くといって言いほど把握できませんでした。
一応オーダーミッションは本編の後日談のはずなんだが、それにしては謎を残し過ぎだろう。
とはいえ、よく訓練されたフロム脳患者は妄想の力があるので、いつもどおりです。

・操作性。
ブーストのON/OFF切り替えの存在がよくわからん。
新要素として、壁キックとスキャンモードが追加されました。
壁キックは想像通りのやつです。
今作はそれを前提にしているので、ビル群があったりなど、地形がかなり複雑。
より立体的な機動が可能になりました。
スキャンモードは攻撃はできませんが、ブーストの回復速度が向上したりと、巡航向け。と思いきや、その回復向上故に、上手い人は戦闘中でも順次切り替えするらしい。
クイックブーストは名前を変えて残ってます。
あと、勘違いかもしれませんが、今作では壁キック以外で高度を上げる方法がありません。
そのためなのか、上方向の作戦領域が狭い印象。
結果として開けた場所では地上戦メインになりがちで、グレネードとかが当てやすい……かもしれません。この辺は今後の研究次第ですね。

・システム。
新たにオンライン限定で武器のパラメータ成長が追加。
この成長は、特化含めて合計6種類。
成長するパラメータは固定らしいですが、上昇幅がランダムなので、買っては成長させ、気に入らなかったら売り、新しい武器を買うのループ。
これをやり込み要素として見るか、単純に面倒と見るかはその人次第でしょうか。
領地戦に関してはまだやってないのでわかりません。
が、プレイヤーがオペレータをやれたりと、対人戦では作戦が一番重要になりますね。
チーム内で一度フリー対戦をやりましたが、相手を引きこんで集中砲火を浴びせるなど、とにかく連携が重要です。
なくてもプレイはできますが、楽しむならボイチャは必須と言っていいでしょう。
また、防御のパラメータが今までの実弾・エネルギーから、実弾・熱・エネルギーに増えました。
結果、まんべんなく固めることが難しくなり、弱点をつくという重要性がでました。

・ミッション。
ストーリーは知らない(ドヤァ
オーダーミッションに限って言えば、はっきり言います。使い回しです。
合計数は確かに80を超えてますが、地形的には10個もないです。
また、敵も三男「防御だけ固めれば」→次男「あいつは中途半端だ」→長男「本当の防御を見せてやんよっw」みたいな本当にこれが必要だったのか? という流れがあったりします。
こんなことなら、30くらいでよかったから差別化をはかって欲しかった。
無駄に多い、それが零の感想です。
また、今回はサブミッションという、報酬が増える条件のようなものがあるのですが、それのコンプを必要とするトロフィーがあったり、それによってパーツを入手できるとかの噂もあったり。
それも考えると80は多すぎた。

・パーツ。
随分減ったような気がします。
まあこれはAC4でも同様に少なかった(その後、fAで大幅追加)ですので、今後に期待か?
今回は、ハンガーという、前作までの格納とはまた違ったシステムがあります。
格納は、それ専用の武器でした。
ハンガーは、そのような制限がなく、あらゆる手持ち武器を能動的に切り替えることができます。パージは必要ありません。
これにより、今回装備できる武器は、手持ち武器×4と肩武器×1です。
また、ボタンが変更されたので、手持ち武器×2と肩武器のフルバースト、なんてのもできます。
その辺は戦略の幅が広がったので良い感じです。

・オンライン。
何より全ミッション協力プレイ可能ってのがいいですね。
前作では協力できるミッションがかなり限られていましたから。
初心者の詰み防止にも一役買っていると思います。
ただ、どうも協力でやるとミッション評価が低くなるようで、全ミッション最高ランクを目指すなら、最終的には一人でやるしかない様子。

・グラフィック。
零の眼は節穴なので、前作と変わらないように見えます。
まあ元々これはすごかったので。

・総評。
前作をブラッシュアップした感じで、正統進化と言える。
が、一部本当に必要だったのか? と疑問視してしまう箇所も。
オンライン前提で作っているので、オフ専の人にはオススメできない。
知らない人とチームを組みたくないって人も、全てを楽しめるとは言い切れない。

って感じですかねぇ。
とりあえずストーリーもやってみようと思います。


といったところ。
さぁて、そろそろ1月も終わり。
修論も追い込みムードですね。
もうちょっと。もうちょっとなんだ。

スポンサーサイト

  • 2012.03.16 Friday
  • -
  • 17:02
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
アマゾンレビューだと評判がイマイチっぽいので心配していましたが、これを読んでちょっと安心しました。

そういえばネギまがあと3話で終わりみたいなんですが……。
どうやって終わらせるつもりなんだろう。
  • 語り部
  • 2012/02/05 7:22 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
めるる。よめ。
メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ!
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM