スポンサーサイト

  • 2012.03.16 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


遊戯王ZEXAL 46話。

明日で震災から1年ですか。零です。
こう言ってはなんですが、被災地から遠く離れた北海道に暮らす零からすればあっという間でした。
当事者の方々からすればそんなことはなかったのかもしれませんが。
そして何気に明後日が誕生日。
うん、この震災は死ぬまで忘れないんだろうなぁ。
規模的にも日にち的にも。


さて、遊戯王ZEXAL。
決勝に進みそうで進まない、微妙な進展が続いていますね。
以下はいつもの。

小鳥ちゃんの鉄壁……。
これって視聴者からは見えなくても、特定のキャラからは見えてるよね!
絶対見えてるよね!?

シリアスかと思ったらシリアル(食べ物的な意味で)だった件。
UMAだからね。仕方ないね。

しかし最近デュエル省略多いなぁ……。
蟹さんが「おい、(ちゃんと)デュエル(の描写)しろよ」って言ってるぜ。

スリー……。
そういえばそういうデッキ使ってたな。
そして相変わらず美人過ぎる母親ww

世界に広まるカットビングの輪ww
しかしハルトの件といい、UMA家の食卓には懐古の効果でもあるのか?ww

くらいかな。
果たして47話を紹介する日が来るのかな(ブログ閉鎖的な意味で。


といったところ。
今夜は友人宅でささやかな卒業パーティー(?)です。
ささやかにね。

遊戯王ZEXAL 44&45話。

久々のちゃんとした記事。零です。
色々と準備なり移動なりがあったので……ね。
というかですね。
「季節めぐりて、陽はまたのぼり。」の第三話を書いていたわけですが。
これを紹介した時点で無期限休止にしようと思います。
社会人になりたての頃は時間もないだろうし。
これからは引越しの準備と手続きもろもろがあるので。
急な報告になってしまって申し訳ない。
多分、あと1週間くらいです。


さて、遊戯王ZEXAL。
先週はやってなかったので2話まとめて。

●44話。
作画酷いな。
どうしたんだ、カイトとのタッグが終わって休憩か?

ほう、今作のミラフォはこういう演出か。
ビームとか魔法攻撃以外の反射の表現としてはいい感じでしたね。

絵札の三剣士とは……懐かしいなさすがじいちゃんなつかしい。
しっかりアルカナナイトジョーカーまで出すこだわりっぷり。

●45話。
あ、作画復活した。
一安心だね。

ロビンとか懐かしすぎる。
そしてかませ犬フラグがヤバい。

10×3体のエクシーズとか……。
サポートカードなしでやれる気がしない。

ゴーシュさん、すっかり良い人になっちゃってまあ。
しかし「お前は俺が倒す」系の台詞って「他のやつにやられるフラグ」にもなりかねないところが怖い。
特に大会系のシステムだと全員が主人公と戦うわけにはいかないし。
さてさて。


といったところ。
引越しって大変なんですね……。
北海道→神奈川の料金がマジでヤバい。
時期も時期だしなぁ……。

遊戯王ZEXAL 42話。

有頂天ACEがついに完結したか……。零です。
アナザーセンチュリーズエピソード3+東方+ブロントさんの動画だったんですが。
すげぇ傑作でしたね。
演出、伏線を含むシナリオ構成、セリフ回し、原作キャラからの差し替え。
全てにおいて最高レベル。
これほどのシリーズが1万再生以下とか、こんなの絶対おかしいよ。
総時間28時間の超大作、気になった人は是非!


さて、遊戯王ZEXAL。
デュエル回ではあったんですが、そのデュエルに関してはそんなに言うことなかったですね。
強いて言えば「ライフ4000で効果ダメージとかやめてください^^;」ってくらいか。
まあまともにタッグデュエルで戦闘ダメージのみだと展開が長引くし、作画も大変だろうしね!(大人の事情。

フォーの顔芸、伝統の心理攻撃フェイズ、協力しない主人公とライバルなど、遊戯王シリーズ定番の演出盛りだくさんで楽しかったです。
主人公・ライバルの協力関係は、アストラルさんが大人な分だけ初代よりマシか。
来週も楽しみだ。


といったところ。
さぁて、例によって修論発表の準備でもするか。

遊戯王ZEXAL 41話。

そういえば、明日は節分……? 零です。
おー。
見事にネタがねぇやww


さて、色々あって遅れてしまった今週の遊戯王。
次回に期待が高まるいい前置きでしたね。
以前に語り部さんがネタバレしてくれた()タッグデュエルとはこのことか。

まあ今週は特に言うべきことはないんですが。
いくつか突っ込み。

入り口にかかる橋をわざわざ水没させる元美術館があるらしい。
誰得だよww
ちなみに手すりとかもついてない。
大丈夫なのかよ、この美術館ww
ああ、だから潰れたんですねww

そしてわざわざ彫像(推定7・8メートル?)の上から登場する敵キャラ。
まあ、見栄えはするんだけどww

あと、今週はちょっと作画の乱れがあったようですね。
その分、来週のデュエルで頑張ってくれると信じている。


といったところ。
とにかく、今日・明日あたりが修論的に山場。
ここで頑張らないとヤバいことになる。

遊戯王ZEXAL 40話。

3週間後には。零です。
修論発表会も終わって、解放されているんだな。
この3週間が勝負だ、気合を入れなおさないと。


さて、遊戯王ZEXAL。
ついに40回ですか。
もう結構来てますねー。
5D'sの一つ目の話が終わったのが、大体60話くらいだったような?
以下はいつもの。

大丈夫だ、なんでもない。
これは流行る(*´ω`*)

デュエル○○って普通の料理と何が違うんですかねぇ……?

そういえば5D'sには海馬兄弟やサイバー兄弟みたいな兄弟枠はいなかったような。
まあ遊星・クロウ・ジャックたちが兄弟みたいなものだったか。
蟹<絆の(ry

露骨に感動させようとしてくる……いやらしい……。
もうカイト主人公でいいんじゃないかな。

まさか小鳥ちゃんへのお礼(おごり)が伏線だったとはww

( ;∀;) イイハナシダnおい、デュエルしろよ。
ストーリー回だからね、仕方ないね。


といったところ。
さぁて、頑張るかー。
色々と。

遊戯王ZEXAL 39話。

修論は順調です。零です。
順調……です。
順調……だよ。
順調……だよね。
順調……かなぁ。
順調……だといいな。


さて、遊戯王ZEXALの39話。
きのこ・たけのこ紛争に並ぶ、永遠の命題「犬VS猫」がテーマでした。
うん、つまりネタ回ですね。
( ;∀;) イイハナシダッタナー。
以下はいつもの箇条書き。

アなんとかさん<犬と猫の宿命の対決(キリッ

アスなんとかさん<犬人間と猫人間の闘いになるとはっ!(迫真。
今回のアストなんとかさんは随分とノリノリでしたね。
シリアスパワーは前回までで使い切ったかww

作画気合入ってんなー。
無駄に気合入ってましたね。

あ、マジでこの犬、デュエルできるんすかww
そんな馬鹿なww

ドッグビングww
しかしこの幼女かわいいな。

「DOG CHAN WIN」ってww
登録名に「ちゃん」がついてるなんて……こんなの普通じゃ考えられない!(ミスト。

しかしキャットちゃんが予想以上にいいお姉さんに……。

かっとビングが世界中に広まるとか……なにそれ怖い。


といったところ。
さて、また修論に移るか。
もう駄目だー。絶望だー。
ノゾミガタタレター。

遊戯王ZEXAL 38話。

新年初の学生実験TA。零です。
一応実験日は二日間用意されていて、ほとんどが二日目突入するんですが、珍しく今日のグループは初日(今日)で終わりましたね。
まあしっかりと調整をしていれば難しくもない実験なので。


さて、遊戯王ZEXAL。
37話は帰省中だったから、スルー。
ということで38話。
久しぶりのメインストーリーでしたね(37話も。
きた! ストーリーきた! メインストーリーきた! これで(ry
以下いつもの。

ああ、「フォトンモンスターシリーズ」ね。
あまりにも久々すぎて一瞬気づかなかったぜww

蟹<絆の力と聞いて。

でたー!
遊戯王伝統の倍々上昇ー!
そして伝統の「墓地に捨てたカード」が伏線になってるパターン!

ゴーシュさんマジイケメン。
ていうか片方倒せば終わりだったのか。

カード的にはゴーシュさんのバウンサーシリーズが良い感じでしたね。
一部サイバー・ドラゴンを含む「相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に特殊召喚可能」なカードをことごとく上回るカードがあった気がするが……。


といったところ。
さて、今日はちょっと頑張らないとね。

ガンバラナイト<!?
零<お前じゃねぇ、引っ込んでろ。

Fate/ZERO & WORKING!! & 境界線上のホライゾン 〜13話。

3DSが手元に届きました。零です。
まあ、まだ初期設定をしただけでほとんど触れてませんけれど。
無線通信環境がない零は携帯機(PSPとかiPod touch含む)の性能を完全には引き出せないのが辛いところ。
本州に引っ越したら環境を整えようと思います。


さて、今更ながらの前期アニメ総評。
あっさりとですがね。

・Fate/ZERO(前期)
 ――神アニメ認定。作画、声優、演出、そしてもちろんシナリオ含めて、ここ数年のアニメの中でも最高峰なんじゃないかな? まあここ数年のアニメ、をほとんど見てない零が言うと信憑性ないですが。個人的にはコードギアスにならぶレベル。
 ――ライダーかっこええ。これは毒島先輩じゃなくても濡れるわぁ。
 ――(アーチャー……と書くとエミヤのイメージなので)ギル様もかっこいいよねぇ。
 ――ランサーも(ry とにかく男キャラがどいつもこいつもかっこいい。キャスターとかもかっこいいとはまた別の個性をいかんなく発揮してますしね。その所為(?)でセイバーとかの印象が薄いのは、まあ、仕方ないか。
 ――総じて後編が楽しみで仕方ない。13話のラストも、いいところで引きましたしね。

・WORKING!!
 ――先輩萌え。
 ――佐藤さん萌え。
 ――それだけのアニメだっ!

・境界線上のホライゾン(前期)
 ――こちらはFateと違って綺麗に前期をまとめましたね。きっちりと「第一部完」って感じ。
 ――作画に関しては、まあ、元の絵が特殊なので、まあ。うん。それでも終始安定していた気もする。声優も申し分ない。演出もかっこよかった。
 ――が、どうにも専門用語とか世界観とかが特殊なので、没入しにくかった印象(Fateも特殊っちゃ特殊なんですが、あちらは原作読んでいるので。こちらも読んでいたら違ったかも。
 ――とりあえず賢姉が素敵すぎる件について。
 ――関係ないけど、現在プレイ中の無双OROCHI2にて立花宗茂がしっかり登場していた。
 ――良作なのは間違いないが、どうも三河消失あたりがピークで、それ以降段々と盛り下がっていった印象。


といったところ。
OROCHI2はとりあえずノーマルとグッドエンドをクリアして、今は全キャラを仲間にするために頑張っているところ。
総勢132人とか……あもりにも多すぐるでしょう……。
どうでもいいが、零自身はS寄りの性格で、他の作品ではいじり甲斐のあるキャラが好きなのに、何故か無双だと王元姫とか女媧とか、クール系(ちょいS寄り)のキャラが好きなんだよなぁ。よくわからん。単純に見た目が美しいからかな。ああ、青系の衣装が好きってのもあるかも。



コメントの返信:
ギルガメスさん>
いや、ネット環境自体はあるのですが、肝心のルーターは家族が集まる茶の間にあるのでオンラインプレイは滅多にできないんですよねぇ……。

あぁ…早く一人暮らししたい……。

アップデートとかDLCを落とすとかなら一時的に接続されていればいいので、茶の間でもなんとかなるのでは?(まあ家庭の話なので強くは言えませんが。
三國無双6もDLCが相当充実していますし(しかも無料で)、隙を狙って接続してみることをオススメしますよー。

一人暮らしになって家族のありがたみがわかったりもするんですけれどね。
勿論メリットも多くありますがww

遊戯王ZEXAL 36話。

ふぅ。零です。
あ、別に賢者モードとかそういんじゃないです。
今日の報告会を乗り切ったことで、今年やるべきことはほぼ完了。
明後日には帰省ですし、ちょっと肩の荷が下りた気持ちになっただけです。


さて、遊戯王ZEXAL。

未来は変えられる!
……そりゃそうよ。
自分の行動はともかく、あれだけ言えば対戦相手は違う行動をするでしょうよ。
常識的に考えて。
随分とあっけないオチでしたね。
さすがモブキャラ。

キャーカイトサマー。
カイトさんマジツンデレ。

以上。
そろそろメインストーリーを進めてもいいのよ?


といったところ。
さて、今日はEXVSをちょっとやろうと思います。
主にオンライン対戦を。
基本的に2on2なので、知らない相方に面倒をかけるのも心苦しいので、身内とタッグで。
二人とも完全に初心者なので、10戦やっても1勝すらできないでしょうが、そこは修行ということで。

境界線上のホライゾン 〜12話。

ほう、経験が生きたな。零です。
零の大学は明日から冬季休業。
しかし日程の都合で明日も学生実験があります。
幸い、明日はレポート提出だけなので、「火曜日に出せば水曜日は来なくていいよ」と餌を仕掛けることに(当然、先生の許可は得ましたが。
とはいえ、普段は締め切りギリギリオーバーの学生がほとんどなので、期待していませんでした。
が。
予想に反して今日中に全員が提出。
……いや、いいんだけど。
お前ら普段からこれくらいまじめにやれよ。


さて、境界線上のホライゾン。
二代ちゃん(´・ω・)カワイソス。
友達いないの? (´;ω;`)ブワッ

じゃなくて。
ついに告白しましたねトーリくん。
いきなり振られたけどww
そこでもめげずにアタックするあたり、強いな、精神が。
悲しい気持ちになったら死ぬ、とかいう契約をするだけある。

で。
平行線がゲシュタルト崩壊。
12話で何回「平行線」という言葉があったことか。
カウントしてないけど。
トーリくん<平行線だ。だから俺は言う。〜〜
ホライゾン<平行線です。だからホライゾンは言います。〜〜
を一台詞ごとに繰り返すという。
原作の小説とかなら適当に読み飛ばせますが、アニメでそれをやられるととてつもなくウザイ

いや、別に全批判しているわけじゃないです。
原作を読んでいればまた違った感想を持つのかもしれません。
ただ、零個人としては三回目あたりから相当に「いいから早く進めろや!」と思わざるを得なかった。
なんとも言えないモヤモヤイライラが溜まるやりとりでしたね、あくまでも個人的には、ですが。

以上。


といったところ。
もう……二十日ですか……。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
めるる。よめ。
メルルのアトリエ公式サイトはこちらへ!
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM